自転車の変速機メーカー最新版 4大ブランド+FSAやROTORが参入


スポーツ自転車のだいごみはドライブトレイン、変速機ですね。これのアップデートや新商品はもれなく熱い話題になります。

 

変速メーカー御三家+1

 

国内の変速機の戦国時代は1990年前後のことです。いろんなメーカーがシェアと技術を価格をがっちん競い合いました。結果、シマノが勝ちまして、今の天下統一に至ります。

 

今日は平和の時代、パックスシマーナですね。ライバルがいませんから、モデルチェンジはゆったりしますね。現在のサイクルは4年です。

 

一方、北米のオフロードのイニシアチブはアメリカのSRAM社にあります。グリップシフトで世に出て、フロントシングルで躍進し、12速ドライブ、電動無線コンポなどの最新技術を積極的に投入します。

 

変速機の本家SRAM、ホイールのZIPP、ショックスのRockshox、パワーメーターのQuarq、パーツのTruvativ、これらはSRAMグループの構成部員ですね。

 

自転車の本場の欧州の名門がイタリアのカンパニョーロ社です。こちらは典型的な舶来物の高級路線を行きます。ハイエンドの製品はカーボン、チタンのオンパレードですね。

 

昔の一時期にオフロードを手がけますが、今のラインナップにはオンロードのドライブトレインしか並べません。油圧ディスクブレーキの販売は3社の中では最後発です。

 

正直、ドライブよりホイールの評価が優勝ですね、カンパニョーロ。姉妹企業のフルクラムと共に人気のホイールブランドです。

 

シマノ=工業製品、スラム=メカ、カンパ=工芸品、てばくぜんとしたニュアンスがしますね。ちなみにぼくのイチオシはスラムですね。

 

シマノ=ポピュラーすぎ

カンパ=アカデミックすぎ

 

で琴線をくすぐりません。じゃあ、SRAMがマイフェイバリットですね。単純にグリップシフトの使い勝手がサイキョーですし。

 

めっちゃ使いやすいSRAM グリップシフト

SRAM グリップシフト

 

このグリグリに慣れると、トリガーもレバーもまだるっこしく思えちゃいます。

 

台湾microshiftを忘れない

 

てふうに『シマノ、スラム、カンパニョーロが三大変速メーカーです』が通説の決まり文句です。じゃあ、この後で「あ!」と思い浮かぶメーカーがありますね。そう、台湾のmicroshiftです。

 

クロスバイクの完成車、外装変速付きの軽快車のリアメカにしばしば現れますね。日本よりアジアの大陸向けの商品ですね。

 

ここのドライブトレインはシマノのコンポと完全コンパチブルです。実質、シマノコンポの廉価版的なポジションにありますね。

 

シマノの展開にあわせてオンロード用とオフロード用のグレードを展開します。数だけはカンパより多彩ですね。ただし、microshiftのブレーキの自社製品はありません。純粋なコンポ屋さんですね。

 

最注目は電動11速ドライブexcdですね。試作品は数年前からメディアにちょくちょく出てきますが、公式のおひろめはずるずる先延ばしになります。性能より値段が気がかりですね。

 

パーツメーカーが変速機に参入

 

御三家+microshitでスポバイの変速機の需要は完全に満たされますね。市場は日本のビールメーカーなみの寡占ですね。

 

シマノ=アサヒ、カンパ=キリン、スラム=サントリー、MS=サッポロのようなふんいきです。サッポロのエビスビールは廉価じゃなくて、高価ですけど、ははは。

 

この4社の体制を崩すのは容易じゃありません。スラムがシマノの北米の牙城を崩したことさえが業界内では僥倖でした。げにSRAM 1xのフロントシングルのスタイルは怪我の巧妙ですね。

 

「NIKEとadidasの二強は崩れんわー」

 

て思えばアンダーアーマーみたいな新興勢力がアディダスの北米市場の売り上げをあっさり越えちゃいます。スポーツブランドの栄枯盛衰はおもしろいものです。

 

ながらくスポーツバイクの変速機はこの4社の独占です。ここへ正面から殴りこみをかけるアンダーアーマーみたいなイケイケなブランドは出ませんが、いくつかのパーツ屋がニッチに新作を開発しますね。

 

セミ電動無線ドライブ FSA K-force WE

 

台湾の自転車パーツ屋のFull Speed Ahead、FSAがセミ電動無線コンポを出します。FSA K-FORCE WEですね。税抜き38万で夏からデリバリー! ですが、使用例がぜんぜん見当たりません。

 

SRAM eTapみたいなフル無線でなく、セミ無線てのがネックですかねー。K-FORCE WEのフロントメカとリアメカのつなぎが有線ケーブルです。フロントメカが中継みたいな役目をします。

 

ルックスはSRAMのようなメカ系ビジュアルですね。ブレーキキャリパーのカクカクさが個人的にツボです。

 

 

新しもの好き、メカ好き、コセイ派のチャリダーの心をわしづかみにします。この手の新商品は「シマノのデュラエースの電動セットを買えるで・・・」てゲンジツ派の人には向きませんね。

 

じゃあ、シマノのデュラエースはアサヒのスーパードライ、FSAのK-force WEは地ビールです。地ビールにコスパを求めるのはナンセンスですね。独特の風味、喉越し、テイストがキモですね。

 

油圧式変速ドライブ ROTOR UNO

 

ROTORはスペインのCNCパーツ屋さんですね。看板商品はクランクと楕円リングです。Qringsは人気商品ですね。

 

 Rotor QXL Oval Aero Road Chainring
Rotor QXL Oval Aero Road Chainring

定価 9490-18980円
割引 14%
特価 8176-18966円

※2017/09/05 12:09:56のchainreactioncycles.comの価格

 

ほかはボトムブラケット、パワーメーター、アクセサリーですね。ちまたの見解は『かっちょいいアルミの削り出しクランクのブランド』で一致します。

 

ここが去年ごろから油圧の変速機をちら見せしまして、ついに公式のおひろめを果たしますね。ROTOR初のグループセット、ROTOR UNOですね。

 

 

135gの削りだし一体型スプロケットがEUROBIKE2017で賞を取りました。が、注目ポイントはそこじゃありません。これの目玉は変速機ですね。

 

フロントメカの近影を見ましょう。

 

 

メカの羽の上に未知の丸いポッドが見えます。これはなんと油圧の変速システムですね。手元のレバーから変速メカのまでのラインは機械式のワイヤーケーブルでなく、油圧式のオイルホースです。

 

油圧ディスクブレーキはすでにスポバイの常識ですが、油圧ドライブトレインは規格外の超レアですね。電動よりレアです。

 

一式のお値段は欧州価格で2000ユーロ、26万前後ですね。はい、いつものおまじないを唱えましょう。

 

「デュラエースの電動セットを買えるで・・・」

 

これは禁句です。こうゆうミモフタモナイ系のワードはスポバイのような趣味嗜好の世界ではタブーですよ。

 

むしろ、コスパを追求して変速性能を求めるなら、旧アルテの電動セットを視野に入れましょう。

 

 Shimano Ultegra 6870 Di2 Groupset
Shimano Ultegra 6870 Di2 Groupset

定価 257397円
割引 51%
特価 125500円

※2017/09/05 12:29:51のchainreactioncycles.comの価格

 

ちなみにFSAとROTORの変速を並行輸入で買えそうな通販サイトはぜんぜん見つかりません。とくにROTORの日本向けの販売規制はわりときびしめですね。

 

11速とDH用7速のMTBドライブニューカマーBOX

 

BOX componentsはアメリカアナハイムのMTB系の自転車パーツ屋さんですね。製品はクランクからホイール、チタンボルトやBBまで揃います。

 

ここがMTBのドライブトレインを出しますね。BOX ONEとBOX TWOは11速のオフロード用です。

 

 

カセットは11-46Tですね。シマノ/SRAMのHGノーマルハブ用ですね。99ドル。チェーンは25-80ドルですね。

 

シフターはシマノ/MS風のダブルトリガーです。見た目はSRAM風のメカライク、中身と価格はシマノライクですね。

 

ダウンヒルレース用のBOX ONE DH 7Sもあります。こちらのスプロケのレシオは11-24Tですね。

 

海外系の情報ではSUNRACEが製造元だてありますね。

 

伏兵SUNRACE

 

で、そのSUNRACEは台湾の自転車パーツ屋ですね。内装変速のスターメーアーチャーを傘下に持ちます。SUNRACEのフリーギア、カセットがたまに眼にふれますね。

 

本国の製品一覧にはクランク、シフター、前後メカがあります。人気の折り畳み自転車のドッペルギャンガーなどがここのドライブを使いますね。

 

microshiftとSUNRACEのミックスは廉価版のシマニョーロですね。マイクロレースと呼びましょうか、ははは。

 

 

新作のブルーオーシャン Kickstarter

 

もっともっとレアな最新鋭のキワモノをゲットするなら、クラウドファンディングのKicstarterをチェックしましょう。自転車関連商品のプロジェクトは充実ですね。

 

KNOGのOIベル、DAHONの35周年モデル CURL i8、ポン付けのパワーモニターPOWERPODなどがKickstarter由来ですね。大手、中小、個人系のプロトタイプがよりどりです。

 

最近の成立品から、電動一輪Uno Boltです。

 

 

チャリじゃねーし! こ、広義の意味でのBIKEですから~。パーク内の遊びにもってこいですね。セグウェイはスタンディング、こっちはシッティングです。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share