自転車オイルの差し方と服についた汚れの落とし方


耳障りなきゅるきゅるに悩む前に小まめにオイルアップ

 

最近、お天気が安定しません。雨中や雨上がりにはチャリを出す気がめっきり失せます。泥除けのないスポチャリに雨は悩みの種です。

 

ぼくも泥除けつけるかつけないか迷って、結局つけずじまいで、雨上がりにそのまま走って、車体をきたなくして、つけよっかと思うも、かっこいいのを見つけられず、ほったらかしになります。

 

 

汚れの大半は塵と砂利です。大きな水溜りを避けても、路面の微妙な水気を跳ね上げて、いつのまにかフレームやリアメカを汚してしまいます。

 

チェーン最小単位

チェーン近影

 

そして、鉄のパーツに即効でサビが浮きます。うちのネックはリアショックのボルトです。このネジ穴に水滴がながなが残っちゃうんだ。チタンのやつにしようかな。

 

リアショックボルトのサビ浮き

リアショックボルトのサビ浮き

 

そんなわけで雨がちな時期にはメンテの機会が多くなります。ここ最近のメンテ系の記事は天候不順の副産物です。整備ばかりがはかどりますわ。

 

クロスバイクのオイル切れの理由

 

ぼくはわりとこまめにオイルを差します。チェーンの甲高いきゅるきゅる音が生理的に苦手です。ほかの人のきゅるきゅるも気になります。

 

町中のクロスバイクチャリダーは意外ときゅるきゅるですね。おきっぱにする機会が多いからでしょう。チャリ通で乗って行って、屋根なしのとこに置いて、午後のゲリラ雨とかにやられると、一発でオイルを流されて、オイル切れになります。

 

チェーンをきっちり調整して、オイルをきっちり差せば、きゅるきゅる系の鳴りをほぼ消せます。ハブのラチェット音は別ですけど。そっちの音は平気です。周波数です、きっと。

 

ぼくはよそさまのきゅるきゅるを聞くと、愛チャリに無性にオイルを差したくなります。ぼくはこのオイルを使います、ドライテフロンチェーンルブ。

 

フィニッシュラインドライテフロン

フィニッシュラインドライテフロン

 

さらさら系の自転車油です。これをチェーンの1コマにちょぴちょぴ1滴ずつ垂らします。ミッシングリンクから始めると、終わりの目安に困りません。

 

チェーン1コマにオイル1滴ずつ

チェーン1コマにオイル1滴ずつ

 

ケミカル臭は強めで、揮発性も高めです。屋外作業がベストでしょう。狭い玄関でやると、独特のケミカルフレバーをしばらく楽しめます、あはは。

 

チェーン全体に差し終えたら、30分ほど放置して馴染ませて、ぼろぬので油をふき取ります。このときにふき取れるのは余分な油です。じゃんじゃんふき取って、ぴかぴかにしてください。余分なオイルは汚れのもとです。

 

余分なオイル

余分なオイル

 

こうして油を差すと、からっと晴れた日にしか出したくなくなりますねー。予報のお天気マークから早く雲がなくなってくれ~。

 

ちなみにこれはノットネバーおすすめのオイルです、MARUNI デラックスオイル。

 

MARUNI デラックスオイル

MARUNI デラックスオイル

 

これはさらさら過ぎて、雨一発でデロ落ちして、めっちゃフレームを汚してくれます。

 

AZのやつもおすすめですね。

 

 

服にオイルが付いた!

 

さて、上記の方法でチェーンをばっちりメンテして、うわーいとはしゃいで気付いたら、服やズボンにオイル染みがあ! てことは良くあります。

 

自転車オイル自体は透明な油分です。染みにはなりますが、汚れにはなりません。ただ、チェーンから落ちたオイルはでろでろ真っ黒です。

 

この汚れは空気中の塵や路面の粉です。成分は砂や鉄やゴムやもろもろの粒子です。これは繊維の間に浸透して、なかなか落ちません。

 

油抜きにはぬるま湯と洗剤が効果的です。液体系の粉系を交互に揉み荒いするのがベストですね。

 

液体洗剤はオイル(油汚れ)を界面活性剤で包み込んで水で洗い落とします。粉系洗剤は泥(粒子汚れ)をアルカリ剤のマイナスイオンで分解させて水で洗い流します。

 

詳細は東洋新聞のこの記事がベストです。

 

チェーンオイルの汚れはオイルと粒子のハイブリッドです。どちらか一方の洗剤だけで落としきるのは難しいです。液剤と粉材では界面活性剤とアルカリ剤の比率が違いますので。

 

これは泥の粒子が粉系洗剤のアルカリ剤を受けたときの作用のイメージ動画です。

 

 

オイルは常温ではなかなか蒸発しません。無処理のオイル染みはずっと残ります。汚すと大変ですから、オイルメンテの時には十分に注意しましょうねー。