自転車の譲渡に必要なのは譲渡証明? 防犯登録カード? 抹消手続き?


不要の自転車を知り合いや友だちにあげる、はたまた、中古品をヤフーオークションやフリマで買う、店舗販売や新品購入以外の自転車の入手は一筋縄じゃありません。

 

世はネット通販全盛時代です。通販で10万の自転車を買うのは珍しいはなしじゃありません。プロショップのストアがアマゾンや楽天にあります。

 

ドイツの気鋭バイクブランドのCanyonはメーカー直送の通販しか受け付けません。いくつかのメーカーはセール品の直販を始めました。店頭訪問、対面販売のチャリ業界の商習慣は日に日に失われますねー。

 

対面販売以外の自転車の登録手続き

 

で、ネット通販のものを防犯登録するのは簡単ですね。ホームセンターへ持ち込むのがいちばんです。町のチャリ屋は他店販売の登録を嫌がります。ことさらに頑固な大将はそうですね。

 

ここでむりにやらせるとお互いの気分を害しちゃいますから、すなおにホームセンターのチャリコーナーへ行きましょう。

 

店舗販売の中古車はすでにクリーンです。たまーに一部の悪質なストアが盗難品の防犯や車体番号を削って、確信犯的に販売しますけどねー。

 

だいたいは登録を抹消して、プレーンな無所属のチャリにして、売りに出しますね。チャリのロンダリングですね。フリマに出店するチャリの業者もきちんとします。

 

フリマのハマー

フリマのハマー

 

その場で防犯手続きしてくれます。600円ですね。左の黒ハマ―8000円はまあまあお買い得だな、ははは。

 

 

ヤフオクの個人出品の中古自転車のコンディションはまちまちですね。登録うんぬんをきちんと記載する人がいれば、サイズやモデル名や送料すら書かない人もいます。

 

『ロードバイクです。そんなに乗ってません。美品です』

 

みたいな短文で出品するつわものが後を絶ちません。しかも、出品の写真は完全にフラットバーのクロスバイクだあ! みたいなことは日常茶飯事です、まじで。

 

自転車はかなりの大物で高額です。出品アイテムのなかでは高難度の部類ですね。キャンセルやクレームなどのトラブルはほかのジャンルより多くなりますね。

 

で、これを踏まえて、ぼくは現物引取りOKと譲渡証明の添付を明記するセラーからこれを買いました。

 

GIANRT ROAM3 ver6

GIANRT ROAM3 ver6

 

チューブのオレンジのシールが防犯シールですね。が、登録カードは付属しません。譲渡証明が来ました。

 

そして、一度、通りすがりポリスにひっかかりましたが、この防犯番号は未登録でした。時効け? 登録の有効期限は8年ですね。もちろん、車体番号はクリーンです。

 

このあたりの判定はわりにアバウトですね。防犯登録は都道府県の組織の管轄ですね。で、これの譲渡販売元は兵庫県の尼崎ですね。防犯シールは羽曳野です。ザ・カオスです。

 

まあ、これがほんまにNGなバイクであれば、ポリチェックですらっと没収されます。民間の中古自転車の譲渡や販売は警察にすらよー分からんわ、てなところでしょう。

 

で、ぼくは新しいバイクを買いますから、これを友人に上げちゃいます。必要な書類は防犯登録カードですね。しかし、これはありません。じゃあ、どうするか?

 

代用は譲渡証明書ですね。これの発行はラクちんです。各都道府県の自転車防犯協会てところが譲渡証明書のPDFのサンプルを用意します。それをダウンロードして、項目を入力しましょう。

 

譲渡証明書

譲渡証明書

 

ぺらい紙が一枚のみです。そんな効力があるかあ? でも、これが万一のポリ避けのお守りですね。チャリパク対策とポリ対策は自転車には同様に重要ですねー。

 

とにかく、このぺらい譲渡証明書があれば、防犯登録が可能になります。なんかやたらと警察に目を付けられるなあ、ていんけつな人は安心安全のためにきちんと手続きしましょうね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share