Bianchi Aria 2018 CV非搭載のエアロロード TTやトライアスロンにも


Bianchi、ビアンキは自転車王国イタリアの人気ブランドです。最近ではその人気を活かして、アパレル系に進出しますね。量販店のバッグやケースのコーナーにBianchiのロゴがちらほらありますね。

 

 

このバッグは白ですね。Bianchi=イタリア語の白ですね。白ワインはVino Biancoです。男性系はビアンコ、女性系はビアンカです。ドラクエ5! が、スペイン語では『ブランカ』です、ウホウホ!

 

で、自転車屋ビアンキのシンボルカラーは白でなくて、チェレステですね。シアン系の空色です。ビアンキの由来は創設者のエドアルド・ビアンキに由来します。『白井守幸』みたいなもんですね。

 

このビアンキのロードバイクの内訳はこんなです。

 

チーム:LottoNL-Jumbo

スタンダードモデル: Specialissima

エアロモデル: Oltre

エンデュランスモデル: Infinito CV

TTモデル: Aquila CV

通販: ○

 

通販が○です。人気海外自転車ブランドのなかではレアケースですね。代理店のサイクルヨーロッパジャパンが寛大な営業方針を取りますね。

 

知名度、ブランドヒストリー、ステイタス、ビジュアル、買い易さの総合力はピカイチです。で、毎年、手頃な人気モデルはそうそうに品薄になります。ニローネ、センプレ、インプルソとかですね。

 

今年のいちばんバッターはBianchi Oltre XR3ですね。エアロロードのOltreシリーズの最新作です。上位モデルはXR2がXR4になって、廉価版のXR1がこのXR3になりました。

 

目玉はカウンターヴェイルですね。ビアンキの独自設計の衝撃緩和システムです。CVのマークが目印ですね。

 

衝撃緩和、コンフォート性アップ、乗り心地の向上が最近のロードバイクの進化のキーワードですね。UCIの規定でレースバイクの重量は6.8kg以上に限られます。F1のエンジン開発制限みたいなものですね。

 

実際問題、市販の軽量パーツをかきあつめれば、5kg台、4kg台までダイエットできますね。でも、そんな軽量級はレースには出られません。レギュレーションに抵触します。

 

ちなみにギネスはTHMのカーボンパーツや特注品を駆使したワンオフのスペシャルロードですね。アリゾナのFairwheel Bikesてバイク屋のカスタムロードの2.7kgが現在のギネス最軽量です。

 

軽量化が規定で進みませんから、各社はその他の要素でレース全般の効率化を計ろうとします。空力と乗り心地が二大筆頭です。パーツの新素材はそうそう出ませんし、高価ですしね。

 

で、ビアンキ2018モデルの先陣はCV搭載のエンデユュランスエアロロードのOltre XR3でした。これに続く二番手もまたエアロモデルですね。

 

“ARIA”のコードで事前にちらっと告知されまして、本日未明に公式おひろめを迎えます。Bianchi エアロモデルのARIAですね。

 

 



CV非搭載 ピュアエアロロード ARIA

 

海外版イギリス版の公式ページはこれですね。→https://www.bianchi.com/global/focuson/aria-370312

 

フレームに自慢のCVのロゴは見当たりませんね。じゃあ、ふつエアロのフレームです。CV機よりがっちんになる。

 

フレーム重量は55の1100gですね。軽量級じゃありませんね。キャノンデのCAAD12よりヘビーですわ。

 

イメージ図のパーツで目を引くのはクランクとレバーですね。復活のカンパニョーロのケンタウル11sですね。

 

ホイールはVision Team 35ですね。セミディープのアルミクリンチャーです。インターマックスの国内定価が43000円です。

 

ブレーキはダイレクトマウントでなく、ふつうのキャリパーブレーキですね。

 

サイズ展開が44から61の8段階ですね。小柄&女子から大きなオトナまでカバーしますね。でも、カラーは一個だけだあ?

 

全体的に『入門用のエアロロード』の感がひしひししますね。のんびりサイクリングよりばりばり平地向けですか。オルトレオーナーの練習機、はじめてのトライアスロンに、とか。

 

価格は英国サイト情報で£2,249.99てありますね。ヨーロッパ内のぜいたく税ぬき価格30万弱です。じゃあ、国内価格は30万を越えちゃいますね。

 

うーん、XR3と潰しあいにならんけ? トライアスロン用に買う人は多くありませんよ。エアロロードで買っちゃわないかあ?

 

ARIAは7月以降に販売の予定です。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share