バーエンドバーを取り付けてクロスバイクの腕の疲れを解消


フラットバーの悩みをバーエンドバーで解消

 

クロスバイクやミニベロ、街乗り系の自転車は非常に便利な乗り物です。都市部の1時間前後の短時間走行はロードバイクやピストバイクに見劣りしません。チャリ通、ちょい乗り、グルメチャリダーなんかに最強です。

 

ただ、週末とか祝日とかずる休みに、すこし遠乗り、長乗りにでかけると、悩ましい問題にぶちあたります。それは腕の疲れです。

 

クロスバイクやミニベロのサドルはレーシーなものよりコンフォートなやつです。ケツの痛みはそこそこ緩和されます。また、足の疲れはそんなに気がかりじゃありません。ホビーライダーはそんなにむちゃなハイスピードを出しません。疲れれば、休みますしね。

 

ぼくの個人的な感覚でも腕がまっさきに疲れます。ぼくの弱点は左肩の付け根ですね。ここは昔からビミョーで神経質なところです。怪我をした覚えはないけどなぁ。なんでやろ?

 

疲れや痛みのポイントは千差万別です。が、痛みが出ると、集中力が散漫になって、チャリダーの楽しさががくんと減るのはみんなの共通項でしょう。

 

1ストレスはマイナス5ファニー、1ペインはマイナス10ファニーです。ファニーポイントが0になると、チャリダーオーバーで、やる気スイッチがリセットになります。「チャリ、おもんな!」です。

 

クロスバイクの腕の疲れの原因は主にグリップの種類の少なさです。フラットバー、ライザーバーのハンドルのグリップは横握りになります。

 

フラットバーグリップ

フラットバーの手の握り

 

常識的に何時間も同じ体勢を続けるてのはしんどいものです。そして、このフラットバーオンの手首の角度は手首的にやや不自然な形です。

 

手首の自然な角度は縦です。前へ倣え! が好例です。手の平は自然と縦向きになります。ここから手の平を水平にするには一動作を挟みます。つまり、ナチュラルじゃない。コーディネーターでもありませんが。

 

不自然な体勢の長時間の維持、ふつうにストレスフルです。長時間走行を前提とするロードバイク、ツーリングバイクにはドロップハンドルやブルホーンハンドルが使われます。

 

とくに超ロングライドの旅行用ツーリングバイクではマルチグリップが必須です。朝から晩までフラットバーでチャリダーするのはたいへんです。むしろ、ママチャリのポジションの方がまだまだ楽ちんです。ケツが痛くなりますが。

 

バーエンドバーで縦握りとマルチグリップを実践

 

フラットバーやライザーバーの横握り固定ポジションの悩みを解消するのがバーエンドバーです。

 

バーエンドバー

バーエンドバー

 

ぼろっちいバーですね~。先代のサブチャリの26インチMTBの形見です。工具箱のかたすみから出てきました。ふっるーいTIOGAのやつです。

 

形状はまさにブルホーンハンドルのホーンの部分です。

 

 

これをフラットバーやライザーバーに通して、六角ボルトで固定します。バーエンド、棒末、つまり、はじっこに装着するのが基本です。なので、バーエンドバーです。逆から呼んでもBABです、ヒーゥィーヤ!! のバイク川崎バイクは元美容師です。異色の経歴だぁ。

 

クロス界2017AW最新モード! ノーエンドバーエンドバー

 

バーエンドバーの基本の取り付けポイントはバーエンドです。単純に握りのポジションを増やすなら、基本のとおりにハンドルの両端エンドにねじこみましょう。手間はグリップの着脱だけです。らくちんカスタムです。簡易ブルホーンですね。

 

しかし、もう一手間をかけると、街乗りクロスをよりツーリング風にできます。定番のエンドに取り付けず、グリップの内側に取り付けます。

 

実際にやってみましょう。これはうちのクロスバイクです。

 

クロスバイクのハンドルのグリップ付近

クロスバイクのハンドルのグリップ付近

 

まず、グリップを外します。軽量CNCパーツで有名なKCNCのEVA製ソフトグリップです。軽量ですが、わりに汚れます。オイルメンテやグリスメンテ中に触っちゃうと、一発ででろりんしちゃいます。でも、丸洗いできます。こちらは→ソフトグリップのかんたんな外し方です。

 

KCNC EVAソフトグリップ

KCNC EVAソフトグリップ

 

それから、マイイメージとフィーリングに従って、バーエンドバーの位置を探ります。肩幅が基準です。そして、ブレーキレバーやシフトレバーとの関係を見ます。

 

うちの場合、右にフロントブレーキレバーとリアシフターレバー、左にリアブレーキレバーとドロッパーポストのリモートレバーがあります。

 

それぞれのレバーのクランプの幅が違いますから、ハンドルの余地が左右で微妙に異なります。バーのグリップを不均等に付けるのはNGです。左右均等が理想シャングリラです。

 

ぼくはあれこれ考えて、ブレーキレバーの内側に取り付けました。

 

ブレーキレバーのクランプの内側に取り付け

ブレーキレバーのクランプの内側に取り付け

 

もうバーエンドバーじゃありません、レバービットイーンバーです、レバビバ!!

 

が、さらっと試走でこのポジションのバーエンドバーを握りながらのブレーキレバーの引きの固さを実感して、レバーの外側に付け直そうかなと思いました。ブレーキレバーの付け根を薬指で引き切るのはベリーハードです。もう補助ブレーキを付けようかしら?

 

高価なエルゴンのグリップも海外サイトではお手ごろ価格に

 

うちのは二昔前の安い金属製のバーエンドバーです。最近の人気はエルゴンタイプのコンフォートグリップですね。

 

 

ぼくも前に買いました。握りは最高です。ネックは強度と価格と固定箇所の少なさですね。チャリをこかしたら、グリップのソケットを壊してしいました。5000円のパーツがぁぁぁ!!! うえーん! です。

 

そして、これはバーエンドにしかはまりません。ビットイーンには装着不可です。グリップと一体型ですからね。

 

で、やっぱり、こんな小物も海外通販で安く買えます。

 

Ergon - GP3 ハンドルバーグリップ (旧称 GR2) Ergon – GP3 ハンドルバーグリップ (旧称 GR2) 
定価 6793円
割引 39%
特価 4120円

※ 価格は 2016/08/25 17:39:33 時点のwiggle.jpのもの。

  • GFK コンポジットバーエンドと滑りにくいラバーインサートから成るグリップです。 ライディングポジションとスタイルに合わせて、バーエンドとサポート部を個別に調整することができます。 長距離ライドで手のひらがしびれがちなライダーにお勧めです。

 

1000円差=25%ですね。コンビニとスーパーくらいの価格差ですねー。アマゾンはぜんぜん高くありませんけどねー。

 

クロスバイクラーはタイヤや工具を買うついでについで買いしてみましょう~。

 

手軽に買えるおすすめのバーエンドバーはこれです。

 

 

クランプの台座がストレートでスマートです。これが取り付けのときにききます。アマゾン定番のフォグリアやほかのもののクランプはでぼっとしてます。しばしばこれが邪魔になります。

 

バーエンドバー クランプ形状の違い

 

ぼくは取り付けのしやすさからスマートタイプをおすすめしますね。出っ張るタイプのボルトはレバーのかげに隠れがちになりますので。