新型Deore M6000 2017モデルチェンジ予定だが、11速化しないと思うわけ


Shimanoは主要なコンポーネントのモデルチエンジを4年ごとに行います。今年はロードバイクの最高グレードのデュラエース、エントリー9速コンポのソラ、MTBコンポのSLXのモデルチェンジイヤーでした。

 

ちなみに釣具は3年サイクルですね。

 

で、来年2017年は2013年にモデルチェンジしたコンポたちがリニューアルを迎えます。ロードのアルテグラ、MTBのデオーレがそうです。

 

前回のチェンジでアルテグラは11速化して、デオーレは10速化しました。変速数のアップを伴う本気チェンジです。

 

 Shimano Deore M615 10 Speed Double Chainset

Shimano Deore M615 10 Speed Double Chainset

定価 14199円
割引 37%
特価 9012円

※2016/09/13 09:51:26のchainreactioncycles.comの価格

 

が、来年のモデルチェンジはがっかりマイナーチェンジのレベに留まります。

 

今年のデュラエース9100のモデルチェンジが11速を維持します。とすれば、セカンドグレードのアルテグラの11速キープは完全な予定運命です。セカンドモデルがハイエンドを追い越そうなら、ファンの暴動が起きます。

 

今期の新型SLXは11速化しましたが、去年のティアグラは10速を維持しました。ティアグラはロードバイクコンポの4番目に当たります。DeoreポジションはMTBコンポの4番目になります。

 

入門用のクラスが11速化してしまうと、ミドルクラスの立場が危うくなります。ボトムアップよりトップアップが必要です。つまり、デュラエースとXTRの12速化が必要ですね。

 

じゃあ、デオーレは10速キープでしょう。デオーレが11速化しちゃうと、MTBに10速がなくなっちゃいますし。

 

フロントシングル化、ブレーキ上位継承、こまごまパワーアップがメインでしょうね。アーム数はすでに4アームだし、色は黒銀だし、なにかあるかあ? 160mmのショートクランクを出さんかなあ。

 

全体的に単純な変速の枚数ではシマノはSRAMの後塵を拝して、周回遅れになっちゃいました。シマノの得意の規格の後追い、後だしじゃんけんが通用しなくなるのは遠い未来のはなしじゃありませんねー。

 

でも、自転車パーツがだめになっても、釣り部門がありますかあ~。こっちのライバルはSRAMじゃなくて、ダイワですね。