ルイガノのロードバイクやミニベロ ルイガノ乗りが実際に感じる印象


ルイガノ、ああ、ルイガノ

 

LOUIS GARNEAUと書いてルイガノと読む人は第二外国語にフランス語を選んだ人でしょう。そう、ルイガノは自転車大国おフランスのブランド・・・でなく、カナダのフランス語圏のケベック発のブランドです。

 

創業者はケベックの元チャリレーサーのルイガノさんです。自転車ウェアから商売を始めて、ロス五輪の出場の翌年に競技から引退してビジネスに専念し、LOUIS GARNEAUを一大スポーツメーカーに成長させました。

 

なので、本業の得意分野はウェアとアクセサリーです。自転車製作はおまけです。が、ルイガノの自転車は町でやたらと見かけます。なぜでしょう?

 

それは国内のルイガノが日本代理店のアキコーポレーションのライセンス品だからです。アパレルの三陽とバーバーリーの関係ですか。この両社は物別れしましたが、あはは。

 

ルイガノとアキコーポレーションの関係は蜜月です。また、アキはあさひとつるんで、ルイガノブランドの電動自転車を発表しました。ちなみにあさひもアキも大阪の会社です。

 

そのうえ、通販ではアマゾンとヨドバシでの販売があります。

 

 

しかも、ライト層向けの自転車雑誌やスポーツ雑誌、おしゃれ系の媒体とのコラボが積極的です。

 

おかげでルイガノはちまたにわっと溢れました。ファッション方面からアプローチが大成功です。まさにアムロちゃんで一大ムーブメントを起こしたバーバーリーにそっくりの道をたどりました。

 

これを快く思わないピーポーがいます。そう、昔からのロードバイクの愛好者の方々ですね。

 

一般的に乗り物好きにはイカれた人が多めです。こだわり派はなにがしかのビョーキです。チャリダーもご多分に漏れません。

 

本格派はファッション派を敬遠し、軽蔑します。古参の愛好家には一応の自負があります。

 

「命を預けて走る機材をちゃらちゃらファッション扱いすんなや、ボケ」

 

てところです。とくにまじめな人は弱虫ペダルとかすらを許せません。ロードバイクやロードバイク競技への敬意の不足を自分への侮辱のように錯覚します。

 

でも、それは一種のナルシスティックなファンタジーに過ぎません。典型的な趣味人コンサバ病ですね。シンプルな自意識過剰病、地下生活者の「わたし」の近縁種です。

 

「ファッション感覚で健全に楽しむもんにイカレタ本格嗜好を押し付けんなよ、カス、たかがチャリで」

 

て、逆転の発想がなかなか思い浮かびません。これを忘れると、どうなります? はい、WARですね、War never Changesですね。

 

現代では23cタイヤ、ホリゾンタルトップチューブ、キャリパーブレーキにやけに固執する人はだいたい慢性的にこのビョーキ持ちです、あはは。

 

おのれのスピリッツのゆがみに目を向けるのは辛いものです。それよりかてきとうな目の敵を見つけて鬼の首を取るようにわいわい言うのが楽ちんです。ルイガノがそのターゲットですね。そう、ルイガノはチャリ界のアニュスデイです。

 

また、ライト層はピュアで無邪気ですが、それには原則的に未必のネガティブが生じます。初心者増加のマナー低下とロードバイクの権威の希薄マイルド化です。

 

しかし、所詮、これらは人々のエゴに過ぎません。この不毛なバトルには肝心の当事者の意見がぽっかりとありません。なんです? ええ、当のルイガノの生の声が全く皆無です。

 

ぼくは来る日も来る日もルイガノに乗り続けて、ついに活きたルイガノさんが夢枕にでーんと現れました!

 

ルイガノ 「やかっみやん。あと、たかがチャリてのも言い過ぎやんけ」

 

ごもっともです、パルドンネ。

 

アキ企画のLOUIS GARNEAUとルイガノ企画のGARNEU

 

国内のルイガノロゴの自転車はことごとく日本デザイン・中華製造の自転車です。カナダのルイガノ本社は商標を貸しますが、うるさく言いません。実質的にルイガノはアキコーポレーションの自転車です。

 

アキ自体はしにせの自転車代理店です。本社所在地にはしにせチックな建物がありますし。

 

AKI CORPORATION 本社

AKI CORPORATION 本社らしい

 

GARNEAUブランドのハイエンドのものはカナダの本社設計の台湾TRIGON製の本格的な競技用です。こちらがルイガノの本領です。

 

元F1ドライバーの片山右京が運営するロードバイクチームTeamUKYOのバイクがGARNEAUですね。ルイガノでなくてガノーです。さすがにこちらを鼻で笑う声は大きくありませんね。

 

で、ルイガノです。かく言うぼくはルイガノオーナー、いや、ルイガノマイスターです。

 

ルイガノシートポスト

ルイガノシートポスト

 

アマゾンで名前の響きと割安感からぽちクリ買いしたライトユーザーです。人生初のまともな本格自転車です。日本製の実用車をまともな自転車でないとすれば。

 

セキネ 実用車

セキネ 実用車

 

実用車のヘビーユーザーからすればロードバイクやMTBやミニベロやクロスバイクみたいなもんは十把ひとからげにちゃらい乗りもんですわ。なんにも積まれへんしょーもないイキリのチャリンコどもです。積載100kg以下は本格派やない。ロッドブレーキだけがジャスティスや!

 

て、ルイガノをネガティブな色眼鏡で見るのはこのくらいの偏向マインドです。ルイガノは悪い子やありません。悪く見る大人がおるだけです、ここにもそこにもあそこにも!

 

ぼくの個人的なルイガノの印象はザ・ふつうですね。デフォルトの完成車は自己評価で70点、DIYのカスタムで90点です。総合的には満足なチャリです。

 

アルベルト30点、ドッペル折り畳み60点、セキネ実用者65点、中華ママチャリ50点、KONAプロセス90点、ナイナー65点、GINAT ROAM3 60点、パナEZ55点てところです。

 

結局、完成車は平均的な乗り物です。一発でばっちり身体に合うものじゃありません。ピナレロのドグマの完成車も特注のアレックスモールトンも70点くらいでしょう。KONAよりへぼいチャリであるのは明らかです。

 

こいつは名車だったなあ。

 

KONA PROCESS 153 DL 全体

KONA PROCESS 153 DL 全体

 

じゃあ、ルイガノはおすすめですね。アマゾンで手軽に買えるし。

 

 

ばくぜんとしたおしゃれなふんいきはそこらのメーカーの比じゃありません。汗臭い本格派のロード乗りのおっさん受けはNGでしょうが、女子受けはベリーグッドです。ぼくは後者を選びますねー、あはははは。

 

てことで、ルイガノの優位が問答無用で圧勝バンザイでした。お祝いに赤飯を蒸すかあ!? わーいわーい。

 

レッドライスイズコングラチュエーション!