Airstreeem オーストリアのフレーム&エアロ系カーボンホイールブランド


近年、カーボンクリンチャーホイールが雨後のたけの子のように出てきます。有名どころ、大手ブランドのホイールのイメージはばくぜんと伝わりますが、創業10年前後の新興ブランドのホイールはまあ未知数です。

 

それでも、Fast Fowardみたいに徐々に知名度を上げるブランドがあります。結局、新興ブランドのカーボンクリンチャーの品質は横並びに落ち着きますから、ブランドイメージと特徴づけとデザインが鍵になりますね。

 

Fast Forward=オランダの手組みホイール、ハブはDT系、ディープリムフレンドリー、わりに安売りされる、て連想ゲームがぽんぽん出ます。

 

じゃあ、Airstreeemはどうでしょう? 先日、サイクリングエクスプレスに入荷があって、ここのホイールがどっとリストアップされました。

 

ほかの海外通販自転車ストアで調べると、PBK、Probikekitに在庫を発見できます。てことは、独占やPBじゃありませんね。一般の単独ブランドです。

 

じゃあ、今回の主役はこのAirstreeemです。さあ、どんなブランドで、どんなホイールでしょうねー?

 

オーストリアのザルルブルクで2008年に誕生

 

Airstreeemはヨーロッパのオーストリアのザルツブルクに本拠を置きます。公式サイトのwww.airstreeem.comの初期言語はドイツ語、オーストリアジャーマンですね。

 

これは標準ドイツ語よりはんなりした京都弁みたいなニュアンスだてことです、豆知識!

 

ザルツ=英語のソルト、つまり、塩で、ブルク=砦、まんま塩の砦、塩町ですね。案の定、名物は岩塩で、周辺の山々はこれの一大産地です。

 

ぼくもこの岩塩を愛用しますね。

 

お肉と良く合うアルペンザルツ

お肉と良く合うアルペンザルツ

 

400円くらいの高級塩です。

 

しかし、ザルツブルクの最高産物は塩でなくて、人、音楽家ですね。西洋音楽史上最高の天才モーツァルトがザルツブルクの出身です。

 

それから、MTBのX系の競技の主要スポンサーのレッドブルがザルツブルクのサッカークラブのメインスポンサーでもあります。元ガンバの宮本ツネさまが在籍しましたね。

 

この塩と音楽の古都に2008年に誕生したのがAirstreeemです。エアストリームかエールシュトレームかは未知です。ぼく的にはドイツ語発音が何気にゲーマー心をくすぐられますね~。

 

HANDBILT IN SALZBURGてあるようにザルツブルクの手組みが売りですね。カタログにはロードやMTBのフレームがありますね。カーボンフレーム保障がなんと12年! です。

 

素材はT1000カーボンです。ピナレロが使えるT1100以外の東レ最高グレードカーボンですね。

 

機材供給先は主にオーストリアとドイツのナショナルチームとドイツ系の選手ですね。オーストリア・ドイツの国内向けの競技者向けの少数生産つうごのみブランド、てふんいきです。

 

ロードバイクよりTT系にアドバンテージがありますね。トライアスロンのレースの使用ログがいくつか見つかります。

 

とりあえず、サイエクの最安のホイールです。

 

Airstreeem ALC 50 Aero Clincher Aluminum Carbon Road Wheelset
Airstreeem ALC 50 Aero Clincher Aluminum Carbon Road Wheelset
定価 255000円
割引 60% = ¥155001円
特価 99999円

※2016/11/28 10:23:51のcyclingexpressの価格

 

アルミカーボンクリンチャーのごりごりドディープエアロホイールですね。ほかのモデルもディープエアロです。オフィシャルカタログのステイタス表はこんなです。

 

AIRSTREEEM ALC 50ホイールグラフ

AIRSTREEEM ALC 50ホイールグラフ

 

ストレスチェックの表みたいになってしまった、ははは。剛性とブレーキングが最高レベですね。

 

スポークはSapimですね。ノーマルタイプのノーマルレイアウトです。G3みたいな特別ビジュアルじゃありませんね。まじめ。

 

ハブはオリジナル無印のシールドベアリングタイプですね。うーん、どこ製でしょう? 小ぶりで見るからかっちかちそうてのは分かりますが。

 

こっちはPBKのノーマルモデルです。売り切れですが、価格の参考に。

 

Airstreeem ALC50 Wheelset 700c

Airstreeem ALC50 Wheelset 700c

定価 129194円
割引 65%
特価 44896円

※2016/11/28 10:28:14 のprobikekit.jpの価格

 

1643gはまあまあの数値ですね。が、この値段差はなんでしょう? このノーマル版のPDFカタログのオーダー価格は1099ユーロですね。上記のブラックエディション版は+499ユーロになります。

 

1598ユーロ=今日の為替でほぼ19万ですね。まあ、海外ストアの参考価格はあくまでストアの希望小売ですし、ははは。

 

といっても、サイエクのブラックエディションの特価99999円は50%オフくらいですね。

 

ブレーキング重視のエアロディープ、マビックのエグザリット系に近い印象ですか。カラパタもそっち系のいかつ黒ですし。

 

下りでがんがん走るかっとびスピードスター向けですね。ちなみにタイヤは付属しません。

 

小一時間調べて、こんな情報量しか盛れませんぜ。うーん、なかなか手が伸びませんわね~。

 

メジャーどころの近いホイールはマビックのアルカーボンですか。

 

Mavic Cosmic Pro Carbon Clincher Carbon Road Wheelset
Mavic Cosmic Pro Carbon Clincher Carbon Road Wheelset
定価 157250円
割引 37% = ¥59251円
特価 97999円

※2016/11/30 04:27:25のcyclingexpressの価格

 

45mmハイトの1650gです。もちろん、マビックのタイヤ込みです。タイヤなしで90000円ぐらいにしてー、とか心の声がちらほら聞こえますね、ははは。