カンパニョーロとフルクラムのチューブレス互換ホイール 2Way Fit


チューブレス、クリンチャー互換=2Way Fit

 

自転車のホイールを通販で見ると、同じモデル名の別々のタイプをたまに見かけます。クリンチャー、チューブラー、チューブレスですね。

 

クリンチャーは一般的な空気チューブを使用するホイールです。クリンチャーはClincherで、釘の先を潰して鉤状にして留めるて意味です。ボクシングのクリンチとかに通じます。

 

じゃあ、タイヤをリムに『食いつかせて』or『引っ掛けて』or『かませて』使うホイールてことでしょう。かませホイール、ひっかけタイヤです。なんかヤらしく聞こえます、ははは。

 

チューブラー クリンチャー チューブレス断面図

チューブラー クリンチャー チューブレス断面図

 

左のチューブラーは完全密封の丸いタイヤにエアーを閉じ込めます。かませもひっかけもありません。まじめな完全主義者です。

 

ホイールには接着剤やセメントでぺたんと貼り付けます。タイヤパンク=ほぼ終了です。折り畳めませんし、修理できません。メンテ製は最悪です。

 

クリンチャーはオープンなタイヤにチューブを入れて使います。チューブラーの構造を役割で別個にした後発のタイヤですね。メンテ製はばっちりですが、重量や乗り心地はチューブラーに劣ります。

 

チューブレスはオープンなタイヤにダイレクトにエアーを入れて使います。ホイールのリムとタイヤのビードを密着させて、擬似的な密封状態を作り出します。クリンチャーの進化系ですね。

 

やはり、タイヤパンク=ほぼ終了です。が、チューブを入れれば、クリンチャー化して、継続利用できます。

 

でも、タイヤのはめ込みはふつうのクリンチャーより一苦労です。リムとビードはぎゅうぎゅうのかっちかちのぱっつんぱっつんです。じゃないと、エアがおもらししちゃいますので。

 

乗り心地と軽さはチューブラー > チューブレス > クリンチャーですね。メンテナンスはクリンチャー > チューブレス > チューブラーです。

 

じゃあ、出先の現場のパンク本番修理は自宅メンテよりハードネスです。サッカーのフリーキック並みに成功率が下がります。

 

「おまえのパンク待ちで遅れとんねん。はよせえ、ボケ」

「へぇえ、こないにどんくさい人がこのご時勢におるんねえ」

「うすのろめー! こいつのせいでアベレージスピードが落ちるよー!」

「そんなことよりお腹が空いた」

 

てゆう仲間チャリダーの心の声が聞こえなくとも聞こえます。表面の外面愛想笑いはザ・フェイクです。

 

じゃあ、胸はどきどき、心拍数は120に達し、手元はがたがたおろそかになります。もうPKのキッカーの気分です。

 

で、結局のところ、大半のチャリダーは利便性を優先して、クリンチャータイヤとクリンチャーホイールを使います。

 

一般人は出先でトラぶっても、チームのアシストやMavicのお助けカーの援助を受けられません。予備タイヤ、予備チューブ、修理セット、携帯空気入れで対応できるクリンチャータイヤが圧倒的優勢です。

 

それでも、現場メンテのむずかしさは残ります。本番の緊急時のタイヤの手ごわさは通常の130%まで跳ね上がります。

 

折悪しく小雨がちらつき、日は傾いて、メンテがさらにはかどらない。一人では心細くなり、グループでは心苦しくなります。

 

チューブラーやチューブレスの活躍の場はレースかイベント、近場の周回練習とかでしょうね。片道チャリダーぶらり旅のお供にはやや力不足です。

 

 

チューブレスホイールはだいたいクリンチャー互換

 

で、チューブレスホイールです。メンテナンス度はクリンチャーに負けますが、乗り心地は勝ちます。そして、チューブラーほどに神経質じゃない。

 

じゃあ、試しに使いたくなるのが人情でしょう。オプションとしての魅力はありますね。そんなわけで最近のチューブレスホイールはたいていクリンチャー互換です。

 

一応、チューブレス専用のホイールはありますが、とうにマイナーレアアイテムです。そもそもチューブをぶっこめば、むりくりクリンチャーにできます、ムリクリです。

 

逆にクリンチャー専用ホイールにがっちりテープを貼って、シーラントてゆう簡易接着剤を入れると、むりくりチューブレスにできます、ムリチューです。

 

ようは空気圧を保てるか保てないかです。手段と信頼度を問わなければ、ある程度のDIY互換を出来ます。

 

2Way fitはカンパニョーロとフルクラムのチューブレス・クリンチャーのコンパチ規格のシリーズで両社の商標ですね。

 

シマノのSPDペダルみたいなもんで、チューブレス・クリンチャー互換の一般名詞になりますね。

 

で、この2Way Fitのホイールの基準は当然のごとくチューブレスですね。チューブレスが前提です。クリンチャーはおまけだ。

 

2Way Fitのホイールのリムにはスポークの穴がありません。空気漏れを防ぐためです。また、リムのタイヤのビード受けのツメみたいな部分がチューブレス用の設計です。密着に有利な形状です。

 

反面、この工夫は取り外しに不利に働きます。クリンチャー専門のホイールよりタイヤ交換の手間が掛かります。それから、スポーク交換のメンテ度もクリンチャーホイールより下がりますね。

 

日常的にクリンチャーを使って、たまーにチューブレス化してみる、て使い方はNGでしょう。2Way Fitのホイールはクリンチャー専用より割高です。

 

「今年はチューブレスイヤーだ! クリンチャーを封印する!」

 

てゆうほどの意気込みで行かないと、おそらくチューブレス互換代の元を取れませんし、余計な手間にうんざりします。

 

で、型落ちのゾンダの2Way Fitがサイクリングエクスプレスでセールです。

 

 

Campagnolo【カンパニョーロ】Zonda 2-Way Fit ホイールセット
Campagnolo【カンパニョーロ】Zonda 2-Way Fit ホイールセット
定価 89272円
割引 49% = ¥44273円
特価 44999円

※2016/11/07 15:12:10のcyclingexpressの価格

 

チューブレスで使うなら、チューブ分とテープ分の重量を軽量化できて、ハイエンドのシャマルウルトラのクリンチャーくらいの軽さにできますね。

 

700Cタイヤ用のチューブ、622-23or25サイズの重さはだいたい100g前後です。ペアで-200gですね。実質、ホイール単体1450g、チューブ込み込み1650gのシャマルクリンチャーより軽くなりそう。

 

MTBはより軽さのメリットを受けられます。2インチの29erのチューブはだいたい200gです。前後で400g! なんで、レース用やトレイル用のMTBはもうだいたいチューブレスですね。

 

今のところ、ミニベロのチューブレスタイヤはSchwalbe Pro Oneの406だけです。451を出してくれ~。

 

なぜかミニベロの細系のチューブの品質が全般的に芳しくありません。パナレーサー、シュワルベ、IRC、どれもいまひとつです。ザ・鉄板てチューブが未だにありませんね~。なんでや?

 

てことで、ミニベロのチューブレス化は個人的に興味シンシンです。夢のミニベロ6kg台まで行けるかも?