2017 BIANCHI KUMA 27.4がカンザキで早速の61500円


ビアンキの2017のクマさんがいきなり特価

 

ビアンキのKUMAはMTBの廉価シリーズのモデル名です。KUMA、クマです。ほかのメーカーにTANUKIとかKITSUNEとかてモデルがありますから、KUMAはなんら不思議じゃありません。

 

KONA KITSUNE

KONA KITSUNE

 

KONAのKITSUNEは小柄な人向けの本格MTBですね。このKITSUNEはキツネでしょう。メゾンキツネてのもあるし。ちなみにキツネは英語でFOXです。こっちは有名なサスペンションメーカーです。

 

でも、ビアンキいわくKUMAに意味はないそうです。

 

ぜったいにうそやん。

 

イタリア語にKはありません。いや、あるにはありますが、イタリア起源じゃない。ほぼ外来語です。これはフランス語とかスペイン語とかのロマンス語系の言語に共通の事情です。ビアンキからしてBiankiでなくBianchiですもの。

 

で、KUMA、ぜったいに日本語の熊です。ネーミングに意味がないなんてのはビアンキの白こいうそです。特定の意味を持たない完全に記号的なコードネームをつける、てのは一種のロマンですからね~。

 

KUMAはクマでしょうよ。名づけ親が響きだけ聞いて、これええやんと思って、あとから意味を調べて、あららーて頭をかかえた、そんないきさつですわ、きっと。

 

ビアンキクマ27.4 2016モデル

ビアンキクマ27.4 2016モデルビアンキクマ27.4 2016モデル

 

で、その由緒あやしいネーミングのKUMA2017モデルがカンザキバイクで早速の割引販売です、税込み61500円。

 

トップチューブのなだらかな丸みがクマの背中ぽく見えます。Bianchi KUMAのクマエッセンスはそれだけです。白黒カラーがモノクマだクマ? それはダンガンロンパとペルソナ4がごっちゃです。

 

カンザキエバーレの画像のKUMAはディスクモデルですが、説明書きはVブレーキですね。KUMAの最廉価の27.4はずっとVブレーキですから、カンザキの画像の貼りまちがいでしょう。

 

変速は3×8、重さは13kg、タイヤは27.5の2.1インチ、ディスイズふつうのふつうです。ほぼクロスバイクですね。シマノの3×8ドライブ=クロスバイクです。必然的です。

 

ドライブを2×10にできれば、すこしスマートにできます。デフォルトはしょうしょうアナログチックです。42Tのアウターが完全にレームダックですわ~。

 

あと、個人的にビアンキのあざやかブルーがMTBとかみ合いませんね。キュートハード? いかつおしゃれ系? うーん、どの層がぴんと来ます?

 

やっぱし、これでしょう。

 

 

こっちはROMA、ローマです。ん? この発想でKUMAをどっかのみやびな都市と勘違いした? KYOTOとか? NARAとか? ありそう。

 

ひびきだけで圧倒的にかっこいいのはSAGAですね、異議なしでしょう。Bianchi SAGA 27.4とかめっちゃええかんじです。