ママチャリ改造 ノーマルサイズヘッドセット圧入で真アヘッド化!


ママチャリ改造シリーズがはや7回を数えます。今回は山場中の山場、1インチのヘッドセットの取り付けです。

 

レストアの土台はパナソニックのUタイプのママチャリフレームです。JIS規格のかたまりです。とくにヘッドチューブがザ・クセモノですね。一筋縄じゃありません。

 

で、フォークはアメリカブランドSurlyの1インチアヘッドフォークですね。ISOかITAかBSAかは定かじゃありませんが、フォークコラムの下玉押しの圧入部が26.4mmです。

 

ISO下玉押し圧入部

ISO下玉押し圧入部

 

JISのフォークのここは27mmです。互換性はありません。げにJISの1インチとITA、ISO、BSAの1インチは別物ですね。

 

解決策はJISのヘッドパーツを買って、同モデルのITA用の下玉押しを購入することですね。日本ブランドのTANGEのものを手頃に手軽にゲットできますね。

 

たまたまサイクルベースあさひのネット通販で在庫を見つけて、シングル用のチェーンやアウターケーブルと一緒にカートインしますね。ワールドサイクルの在庫は欠品でした。

 

で、それが届きます。

 

あさひサイクル通販お買い物

あさひサイクル通販お買い物

 

左上がヘッドパーツのセット、右上がその同モデルのITA下玉押しです。

 

ヘッドパーツの内容はこんなですね。

 

 

モデル名は『タンゲ テリオスTE32TGR』ですね。1500円のベストチープな1インチアヘッド用ヘッドパーツですね。

 

ごらんのとおりにベアリングはリテーナータイプですね。シールドベアリングじゃありません。16球のボールリテーナーです。

 

で、右下がかんじんのITAの下玉押しですね。左下がセットのJISの下玉押しです。ぱっと見は同じですね。

 

ITAの下玉押し

ITAの下玉押し

 

じゃあ、ようやく悩ましいヘッド周りを始末できますね。下玉押しと上下わんの圧入を一気にやっちゃいましょう!

 

ITAフォークにITA下玉押しを圧入

 

最近のシールドベアリングのヘッドパーツお下玉押しはだいたい割り入りのタイプですね。圧入不要で取り外しがかんたんです。

 

が、ボールリテーナータイプのヘッドセットの下玉押しはだいたい完全体タイプですね。圧入必須です。

 

FSAのやつは完全体でしたね。左上が下玉押しです。

 

FSA 40 ABC インテグラルヘッドセット バルク

FSA 40 ABC インテグラルヘッドセット バルク

 

カーボンフレームのヘッドセットの内容はこんなですね。上下わんがありません。フレーム自体にベアリングを内蔵しますね。

 

トップチューブはテーパーのインテグラル

トップチューブはテーパーのインテグラル

 

らくちんですね。

 

が、ジャンキー・オールド・ママチャリフレームはそんな事情と無縁ですね。上下わんを圧入して、下玉押しを圧入して、スターファングルナットを圧入して・・・圧入のフェスティバルだア!

 

最初に大物をやっちゃいましょう。下玉押しの圧入ですね。規格、互換性、パーツの調達、作業、いずれが厄介ですね。ついに積年のうらみを果たせますぜ!

 

1インチフォークのコラムの根元にグリスをぬります。鉄フォークに鉄カップです。ここにグリスをしないと、あとでサビに泣かされかねません。入念にぬりぬりしますね。

 

グリスぬり

グリスぬり

 

で、ITAのクラウンレースをかぽっとセットして、塩ビパイプを上乗せして、体重をかけるとか、ハンマーでどつくとか、全身全霊のゴリ推しをしかけます、ウホ!

 

塩ビパイプで圧入

塩ビパイプで圧入

 

が、塩ビが負けて、もろもろ削れますね。で、結局、最終的にハンマーと木切れを持ち出して、もぐら叩きみたいにバンバンやっちゃいますね。

 

ハンマーでやり直し

ハンマーでやり直し

 

はい、100点! 完璧じゃないかあ! 前のスクエアBBのシールドベアリングの圧入よりぜんぜん楽勝ですね~。

 

神経質なA型さんはゴムベラやプラスチックの棒を使いましょう。ぼくは新聞紙を木切れに当てて、ようじょうしました。HEY! YOJO!

 

ヘッドセットを自作工具で圧入

 

お次はヘッドセットのわんの圧入ですね。JISのカップです。圧入部のサイズは30mmジャストですね。1インチのアヘッドの上下はリバーシブルです。カップに上下はない。

 

JIS上下わん30mm

JIS上下わん30mm

 

ITA、BSA、ISOのカップは30.2mmですね。JISだけが仲間はずれです。もっとも、JISの1インチはママチャリや軽快車、競輪用のフレームにしか使われませんね。JIS=日本工業規格の略称ですから。

 

じゃあ、おのずと海外ブランドの1インチフレームはITA、ISO、BSA系になりますし、フォークもそれに準じますね。

 

つまり、海外ブランドのJISの1インチフレームやフォークてものはありえません。特注やサンプルみたいなイレギュラーは別ですが。

 

ところで、ヘッドセットのカップの圧入は初めてじゃありませんね。以前、ミニベロのヘッドパーツを交換して、ひとしきりの作業をしました。

 

たしかハンマーとノミで力任せにガンガン叩き出して、体重で力任せにグイグイ圧入しましたね。あんまし成長せんな、ははは。

 

プロや熱心なしろうとは専用工具を使います。フェイシングをして、センターを出して・・・珍しくぼくはこれを見習って、フェイシングをしますね、紙やすりとステムとピカールで。

 

ヘッドチューブ

ヘッドチューブ

 

で、グリスをぬって、わんを手で軽くはめます。

 

わんセット

わんセット

 

そして、圧入の本番に開幕ゴリ押しハンマーを使わず、自作工具を使います。なんと几帳面なことでしょう、B4C!

 

実のところ、これは前回のベアリング打ち換えの自作工具の流用ですね。主役はM6の長ネジですね。こんな長ネジはいろいろ活躍しますね。塩ビパイプ並みの万能グッズですわ。

 

長ネジとワッシャやなんやで圧入

長ネジとワッシャやなんやで圧入

 

ヘッドチューブに長ネジを通して、大小のボルトやワッシャやガラクタで左右から挟みます。右側の近影はこんなですね。

 

スポーク回し

スポーク回しetc

 

ヘッドチューブ:下わん:スポークニップル回し:大ワッシャ:中ワッシャ:小ワッシャ:M6ナット、ですね。

 

このスポーク回しはスポークの調整には無力でしたが、2年ぶりに圧入で日の目を見ましたね、ベリーぴったし!

 

じゃあ、このナットをレンチで回すと、わんをじりじり圧入できます。が、見事にななめに入って行きやがりましたね、あらら・・・

 

しばし頭を抱えますが、えーいと毎度のゴリ押しゴリラに原点回帰して、ハンマーでガンガン叩き込みます。ウホウホウホウホー!

 

しあげにニップル回しを下げて、ステムを投入しますね。このステムはほんまにMVPですね。工具より工具ですわ。ビバ、ステム!

 

MVPのステムさん

MVPのステムさん

 

上わんを同様の手順で圧入しますね。手、ハンマー、ステムです。圧入がきっかり決まると、余分なグリスがむにゅっと溢れます。これが完成の目安ですね。

 

じゃあ、上下の圧入が完了しましたデ!

 

ヘッドセット圧入完了

ヘッドセット圧入完了

 

余分なグリスをふき取って、ベアリングを入れて、フォークを入れましょう。はたして、ちゃんと入るかな~?

 

1インチフォーク装着

1インチフォーク装着

 

はい、スーパーパーフェクト、120点だあ! 本来の位置に戻ったステムさまがなんと神々しく見えますか! そして、がっちん北米パーツととごっちん日本パーツの夢のコラボですね。

 

じゃあ、ヘッドの機能は問題なしですね。へんなガタや緩みはありません。大成功!

 

今回のカスタムでママチャリ改造の最大の悩みどころが一気に解決しましたね~。事前の調べ物の半分はこの1インチのJISのヘッド周りのことでしたわ。

 

つぎはクランクかホイールですね。チューブラーかクリンチャーかチューブレスか、それが問題だ。

 

たんにママチャリやシティチャリの1インチフォークにアヘッドステムを取り付けるなら、変換コンバーターを使いましょう。ぞくに『なんちゃってアヘッド化』ですね。

 

 

うちみたいな真アヘッド化は極端にめんどくさくなりますからね~。1インチのアヘッドフォークがなかなか出てきません、ほんまに。

 

そして、圧入の連続です。圧入、圧入、昼ごはん、圧入みたいになります、ほんまに。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share