15万円のロードバイク アルミフレームが主流 2台目や練習用に吉


自転車の価格はピンきりです。1万のホームセンターのママチャリから198万円のColnago Ottanta5まで幅広くあります。

 

ふつうのクロスバイクの入門機は5万、よりスポーティなMTBやオンロードバイクの入門機は10万円ですね。おおよその相場です。

 

これより安いのはノーブランド、ネット直販、型落ち、中古、展示車とかですね。そして、割安なノーブランドの5万のロードバイクを買うなら、有名どころの5万のクロスバイクを買う方がベターですね。

 

で、主要自転車ブランドのロードバイクのはじめの一歩は10万円台の完成車です。15万はそのアッパーバージョン、第二段階にあたりますね。だいたい5万刻みで1レベアップします。

 

 

15万の価格帯のロードバイクの特徴

 

依然として15万のロードバイクは入門機に属しますね。フレームはアルミです。カーボンモデルはすっかり安くなりましたが、それでも、定価は20万~ですね。

 

実売15万のフルカーボンロードは型落ち、アウトレット、試乗車、セール品ですね。正規小売店のネットストアをまめにチェックすれば、そこそこのものを見つけられます。カラーとサイズは限定されますが。

 

15万のロードの変速は2×10速か2×11ですね。シマノのTiagraか105です。Tagraはフルコンポ、105はミックスですね。クランク、ブレーキ、ホイールはコストダウンの筆頭です。

 

11速のミックスで多用されるのはFSAゴッサマークランク、シマノRS500クランク、Tektroブレーキなどですね。これらはビミョーなところです。交換対象候補の筆頭各ですね。

 

それから、15万のロードのホイールは重いテツゲタです。おまけですね。ふつゲタは30万以上にしか付きません。これのグレードアップは最後の最後ですね。

 

この記事の主旨をぶちこわしますが、15万の完成車を買うなら、10万の完成車と5万のホイールを買いましょう。そっちのがハッピーです。あ、性能のはなしです。カラーやブランドは別ですね。

 

で、総重量は8-9kgですね。7k台はレア、10kg台は意味不明です。スタイルは乗り心地重視のエンデュランス系ですね。レースモデルじゃない。

 

しかし、

 

「アルミフレームの固さのおかげでカーボンよりマイルドじゃないよ~、かっちかち~」

 

てのはままありえます。『10万のロードよりちょっと軽い入門用アルミロード』が15万のロードバイクですね。正直、おすすめの価格帯じゃありません。中途半端です、ははは。

 

15万円のおすすめロードバイク

 

そんな15万のロードのなかからおすすめをピックアップしましょう。定価が目安です。15万±5000円で。実売価格は上下しますからね。

 

案の定、おすすめは10万のおすすめと被ります、ははは。

 

Bianchi Intrepida

 

Bianchiはイタリアの超人気自転車ブランドです。ここは商売上手で、アパレルやカフェに進出して、幅広い層の支持を集めます。女子人気がとくにサイコーですね。自転車界のグッチです。

 

もちろん、本業は自転車です。100年オーバーのしにせですが、ビアンキのバイクは古臭さを感じさせません。エントリーモデルはモダンでおしゃれ、トップモデルはレースでトップクラスの実績を誇ります。

 

最近のビアンキの方針はハイエンドユーザー < エントリユーザーですね。カフェやアパレルはその一端です。

 

そして、エントリーモデルが超コスパですね。153000円のIntrepida Soraはなんとフルカーボンロードです。

 

 

超人気しにせ本格自転車ブランドのおしゃれなお安いフルカーボンバイクです。しかも、通販OKだ! となれば、バカ売れはかくじつですね。アイコンカラーのチェレステは争奪戦になります。

 

いまから買えるのはへんなカラーとでかサイズばかりでしょう。でも、セールが来れば、12万とかになっちゃいます。フルカーボンがあ!

 

名前:Bianchi Intrepida Sora

価格:153000円

変速:2×9 Shimano Sora

重さ:-

備考:フルカーボン

通販:○

 

Khodaa Bloom Farna 700 105

 

ホダカは国内大手自転車ブランドです。イオンバイクのMomentumや軽快車のMARUKINブランドを持ちます。GIANTの関連企業ですね。自社工場はありません。

 

ここのスポーツバイクブランドがKhodaa Bloomですね。KhodaaはHodakaのアナグラムです。愛称はコダブルだあ?

 

コダブルのバイクの特徴は軽さですね。クロスバイクのRAIL 700は6万円で9.4kg、10万のロード級の安軽バイクです。

 

ロードバイクはFarnaシリーズですね。15万モデルはFarna 700 105です。105のモデル名の通りにドライブはシマノ105 5800系ですね。2×11です。

 

そして、なんとホイールがWH 6800アルテグラホイールです! 1640gのチューブレスレディの大人気アルミホイールです。これは鉄下駄じゃなくて、ふつゲタです。

 

 

欠点はブランド力のなさと見た目の地味さですね。コスパと性能重視の彼氏にはおすすめですが、オシャレ好きの彼女にはノットおすすめですね。サイズ展開が4つしかないし。

 

名前:Farna 700 105

価格:155000円

変速:2×11 Shimano 105

重さ:8.8kg(500mm)

備考:アルテグラホイール

通販:○

 

Specialized Allez SL Sprint Comp

 

世界最強自転車ブランドがSpecializedです。オフロード、オンロードのいずれのモデルが最強の実力と人気を誇ります。

 

E-bikeには最大出力500wのモンスターTurbo Revoシリーズを投入します。女子モデルは充実です。チャリの総合力はナンバーワンですね。若干、クロスバイクが目立ちませんか。

 

このスペシャラの15万バイクはアルミロードのSpecialized Allezシリーズですね。EliteとSportが2018モデルでリニューアルしました。が、これらは15万の価格帯じゃない!

 

SL Sprint Compが15万ですね。

 

 

オレンジカラーとエアロなフレームが目を引きますね。アルミのVENGEてふんいきを出します。そして、新型TARMACがオフセットしまして、これに近づきましたね。

 

海外のログで52サイズのフレームの実測が1187gてあります。あら、そんなに重くないわ。

 

クランクとブレーキはPraxis系ですね。5アームのルックスは悪くないな。町乗りスタイリッシュです。大学生のチャリ通号に最適だ。オレンジカラーで目立ちましょうぜ~。

 

通販は×です。スペシャラの日本向けの販売規制はきびCですね。

 

名前:Specialized Allez SL Sprint Comp

価格:150000円

変速:2×11 Shimano 105

重さ:-

備考:エアロ形状

通販:×

 

FELT F75

 

10万のロードのイチオシだったFELT F95の上位モデルがこのF75ですね。アルミ、11速、ドイツ、8kg台、ザ・シツジツゴーケン系のロードバイクですね。

 

カラーはマットブラックとマットホワイトの二種類のみです。FELTはちゃらちゃらしません。硬派です、ロックンロールですね。男のバイク!

 

ホワイトはぎりぎり女子向けです。が、ビアンキのはなやかさには遠く及びません。なんでホワイトをマットにしちゃう?!

 

ウィメンズ的にはスポーツ自転車はアクセサリの延長のようなものです。Feltの堅実なシブさ、ある種の部活感はマイナスポイントですね。ファッショナブルではない。

 

 

名前:FELT F75

価格:148000円

変速:2×11 Shimano 105

重さ:8.84kg

備考:いぶし銀

通販:○

 

実売15万ではフルカーボンの11速が現実的に

 

定価15万のロード完成車はそんなふうに限定的ですね。が、国内販売店の型落ち、試乗車、アウトレット、海外通販を含めれば、カーボン11速をらくらくゲットできます。

 

CUBE Attain GTC 105

 

ドイツのCUBEのバイクは海外サイトのセールの常連選手です。日本での知名度は無ですね。しかし、最近、大阪の塩野自転車が正規代理店になりまして、展示会や雑誌でCUBEの名前がちらほら出ますね。

 

CUBE Attain GTC 105 11 Carbon Road Bike
CUBE Attain GTC 105 11 Carbon Road Bike
定価 220575円
割引 10% = ¥22491円
特価 198084円
VIP特価 139999円

※2017/07/07 18:59:54のcyclingexpressの価格

 

送料別途1万、輸入消費税が約5%=7500円、157500円でフルカーボン11速を買えちゃいます。地味さはFELTと好勝負ですね。ドイツ系はなんかそうなっちゃいますね~。

 

Felt、Focus、Cube、ソツのないバイクを作りますけどねー。新興Canyonの人気がドイツの救いですね。でも、Canyonは異例の公式直販専門ブランドです。人気集中で納期がはちゃめちゃですね。

 

Focusは2016年のツールの総合2位でしたが、今年のツールから漏れましたね。チームの再編がいろいろありましたからねー。

 

名前:CUBE Attain GTC 105

価格:139999円 輸入税別途(商品+送料の総計の約5%)

変速:2×11 Shimano 105

重さ:8.5kg

備考:フルカーボン

通販:○

 

KANZAKIBIKE KR-1 CARBON

 

あ! 北大阪の自転車店の雄、カンザキバイクのオリジナルカーボンロードが15万ですわ。灯台下暗しだア!

 

KANZAKIBIKE カンザキバイク KR-1 CARBON ケーアールワン カーボン ブラック
税込み価格 144000円
大奉仕!!ペダルと空気入れをプレゼント!!

※2017/10/12 19:22:47のカンザキバイク楽天店の価格。完成車送料は本州一律5000円

 

フルカーボンでフル105の11速です。送料本州5000円です。こみこみ15万! しかも、SPDペダルと空気入れがおまけに付いてきますよ。これですやん! これ以上はない!

 

クロモリ版と一緒にイタリアの工房に頼んで作らせますね。コネで安くできるう? 一応、定期で在庫が入りますから、細々とモデルチェンジがある?

 

前に万博公園の駐輪場でクロモリ版を見かけましたね。黒グロッシーでわりといかついルックスでした。安っぽさはしませんから、そこそこのもんでしょうねー。

 

カーボン版の定価は26万です。ほぼ半額ですね。ショップのオリバイはなかなか売れませんわね~。でも、いつか、Argon18みたいに世界へはばたく・・・かあ?

 

名前:KANZAKIBIKE KR-1 CARBON

価格:144000円 税込み大特価

変速:2×11 Shimano 105

重さ:8.5kg

備考:フルカーボン、フル105

通販:○

 

CUBUとカンザキのはともに105のフルカーボンで8.5kgですね。軽さよりカーボンのしなやかさがポイントでしょうね。アルミフレームはかっちりしますからね~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share