予算10万円頂上決戦! 勝つのは10万ロード、5万クロス+5万ホイール、2万ルック車+8万パーツ?


雨の日の秋の夜長には不毛な妄想がモヤモヤふくらみます。もし、チャリの神さまから「10万の予算で最高のバイクを用意しろ」てゆわれたら、どんなチャリンコを調達しましょう?

 

はやりのロード? 安定のクロス? クールなハードテイル? かわいいミニベロ? ストイックなピスト? 新星のE-bike? あほあほ改造ママチャリ?

 

モンスターママチャリ完成

モンスターママチャリ完成

 

フレームベースのバラ完、中古、大特価品、格安中華パーツをUNLOCKすれば、フルカーボンのミドルグレードのチューブレスバイクを仕上げられます。が、公平にオンロードタイプの完成車ベースで縛りましょう。

 

じゃあ、必然的に10万ロード、5万クロスバイク+5万ホイール、2万ルック車+8万パーツ類がえいえいえおーてときの声を上げますね。

 

はて、どれが10万の優勝バイクの栄光を勝ち取りましょうか? 予算10万の夢の頂上決戦のはじまりはじまりです~。

 

 

10万ロードの性能と長所と短所

 

10万円はスポーツバイクのひとつの目安ですね。ロードバイク、MTBの入門初心者モデルの下限が約10万円です。ちまたの『まとも』なバイクのはじまりはここからですね。

 

もとからバツグンのコスパを誇るGIANTやMerida、ライトユーザーの獲得に熱心なビアンキ、GIANT代替品の通販商材KhodaaBloom、いぶし銀のFeltなどは10万前後のエントリーモデルを積極的に投入します。

 

それから、日増しにポピュラー化の一途を辿る米国ブランドのCannondaleが10万前後のバイクを矢継ぎばやにしますね。CAAD OPTIMO SORAの国内定価は税別105000円です。

 

ぼくの見立てではFelt F95が10万以下のロードバイクおすすめベスト1ですね。質実ゴーケン系の極みです。

 

 

女子にはこのマットなしぶさはCONSですね。じゃあ、ビアンキのVia nironeのチェレステがベスト1です。

 

10万のロードの中身はこんなところです。

 

  • 重さ=9-10kg
  • ブレーキ=キャリパーブレーキ
  • フレーム=アルミ
  • フォーク=カーボン
  • パーツ=シマノ
  • 製造国=チャイナ

 

ハンドルやシートポスト、そのほかの小物は純正or汎用ブランドの廉価版です。変速数はたいていシマノの2×9ですね。コンポグレードではSORAベースです。カセット、クランクのミックスはふつうです。

 

現実問題、10万ロードの最重要ポイントはロゴとカラーとサイズです。組み合わせはどうであれ、1000円のランチは1000円のランチです。松阪牛は入りません。

 

純正のホイールが重荷

 

10万のロードの完成車パッケージの最大の欠点はホイールですね。メーカーの純正品や各ブランドの安い重いダサいホイール、ぞくに『鉄下駄』がもれなくバンドルします。

 

こいつは国産の完成パソコンやスマホにてんこもりにプレインストールされるなぞのソフト群にそっくりです。使い勝手がちまたの無料ソフトに劣る。正直、ただのストレージのノイズ、ファッキンな容量食いですね。

 

10万のロードのバンドルの純正、安物ホイールの市場価格は1万円前後です。ホイールの単品の魅力や価値やステータスは皆無ですね。せいぜい補修用、練習用にとどまります。

 

このいとおしきお荷物からアップグレードして、あきらかな性能差を体感できるのは3-5万円の価格のホイールになります。ゾンダ、レーシング3、キシリウムなどですね。

 

これをバンドルしちゃうと、価格を10万前後に抑えられず、ライトユーザーへ訴えられません。10万と15万では間口の広さがぜんぜん変わります。

 

スレた初心者、中級者の価値観では5万の差はささいなもんですが、門外漢には10万の1.5倍です。チャリのホイール=タイヤの一部みたいな認識ですね。ザ・おまけです。

 

とうぜん、10万のロードを予算10万で買うと、もうぜんぜんカスタムできません。最初のチョイスですべてが決まりますね。

 

5万円のクロスバイクと5万円のホイール

 

ロードやMTBの下限は10万円、クロスバイクのそれは5万円ですね。クロスバイクのスタンダード、キングオブクロスバイクのGIANT ESCAPE R3 2018モデルがきっちり50000円です。

 

5万のクロスの内実はこんなですね。

 

  • 重さ=10-11kg
  • ブレーキ=Vブレーキ
  • フレーム=アルミ
  • フォーク=アルミ、クロモリ
  • パーツ=シマノ
  • 製造国=チャイナ

 

ハンドルはフラットバーかライザーバーです。変速はロードより不統一ですね。シマノ、SRAM、Microshiftが混在します。変速数の基本は3×8=24sですね。王道フロントトリプル!

 

5万のクロスと10万のロードの重量差はざっと1kgです。フォークの素材、ペダルのバンドルが大きな要因ですね。ほかはどっこいです。

 

たとえば、ロード系のホローテック2の安クランクより汎用のスクエアテーパーの安クランクがぜんぜん軽量ですね。

 

1000円でヤフオしたSUNTOURの160mmぼろんちょクランク

1000円でヤフオしたSUNTOURの160mmぼろんちょクランク

 

このジャンキーなクランクが500g以下です。どこのSuer Recordだあ? スクエアクランクはそんなですね。

 

ただし、5万のクロスのバンドルのBBは超ヘビー級です。

 

SUNTOURスクエアBB 350g!

SUNTOURスクエアBB 350g!

 

ホローテックやGXPタイプのBBは100g未満です。結局、クランク+BB+リングのセットはどっこいどっこいです。

 

なんちゃって1xで軽量化

 

ひとおもいにクランクのリングを外して、フロントシングルにして、リアのシフターとレバーを取っ払えば、一気に500gの軽量化を果たせますね。

 

こうゆうミドルとインナー一体型リングは鉄のカタマリです。

 

ミドルインナー一帯リング

ミドルインナー一体リング

 

疑似フロントシングル化は軽量化の近道ですね。変速数は1×8になります。イレギュラーなカスタムはロードではタブーですが、クロスではジャスティスです。

 

別途に軽量BBとナローワイドリングとバッシュガードを用意すれば、シンプルな軽量街乗り号に仕上げられますね。

 

ブレーキはVブレーキですね。

 

TEKTRO Vブレーキ

TEKTRO Vブレーキ

 

Vブレーキは昔のMTBの標準装備です。最新の高級キャリパーブレーキよりぜんぜんガツンと効きます。制動力の不満はありません。安Vブレーキ >>> デュラエースキャリパーです。

 

そもそもロードのキャリパーブレーキは急停止には向きません。停止より減速ですね。ビミョーな速度調整は得意ですが、瞬間の急制動は苦手です。速度を落としすぎないロードレース用の機材ですね。

 

5万のクロスバイクのホイールはメーカー純正ホイール、有名メーカーの安モデルが基本です。

 

GIANT純正ホイール formulaハブ

GIANT純正ホイール formulaハブ

 

素体のペア2kgオーバーの鉄下駄ですね。このセットはスプロケ、700-47cのワイヤービードタイヤ、チューブ、クイックリリース、スタンド込み込みで5kgの大台に乗ります。スーパーヘビー級だあ!

 

5万のクロスの純正ホイールは10万のロードのバンドル版と似たり寄ったりです。市場価値は5000円前後でしょうか。非常に優秀な練習用ホイールです、ははは。

 

5万ホイールで一気にパワーアップ!

 

さて、5万の残金をどこに回しましょう? 正解はタイヤとホイールですね。タイヤやホイールみたいな回り物の100gの増減は車体や小物のそれの比じゃありません。

 

定番のたとえあばなしがありますね。5kgの荷物を担いでもふつうに走れますけど、5kgの足かせをつけるとまともに走れません。

 

タイヤとリムの軽量化はおもに漕ぎ出しと加速を大きく改善させます。あと、速度を上げられない上りの区間で強みを発揮します。

 

現実問題、公道の走行で超高速でながなが突っ走れるてケースはレアです。軽いホイールが信号のストップアンドゴー、ママチャリクラスの低速域からのいち早い脱却を助けます。速さをいち早く手軽に体感できるのはだいじですね。

 

じゃあ、1万のタイヤ、4万のホイールは5万の資金の使い方の最有力候補です。これは10万のロードの最初のアップデートにも通じます。

 

クロスは大昔のMTBの血を引きます。Vブレーキ、フロントリプルはその名残ですね。そして、フレームのエンド幅が135mmです。上のGIANT ROAMはそうですね。

 

旧来のキャリパーブレーキのロードレーサーのエンド幅は130mmです。ロード系ホイールはそれに準じます。クリックリリース式のOLD130mmですね。

 

これはエンド135mmのクロスバイクのフレームにすんなりと付きません。片側2.5mm、最大5mmのギャップが出ますね。すかすかです。

 

基本的にアルミフレームは鉄やチタンフレームよりぶっとくなって、ぐにゃぐにゃぐいぐいしなりません。変形への耐性がかんばしくありません。

 

正直なところ、2.5mmは許容範囲です。が、イレギュラーはイレギュラーですね。もちろん、メーカーや小売店的には想定外の非推奨です。

 

神経質な人は2.5mmのワッシャーを左右にかまして、センターを出して・・・てしますね。ずぼらなぼくは126mmのアルミフレームのエンドに120mmのホイールを入れて、ナットでぐいぐい締め付けちゃいますが、ははは。

 

ママチャリエンド上のトラックホイール

ママチャリエンド上のトラックホイール

 

片側数ミリのねじれは走行中やブレーキングでふつうに出ますしね~。ほんまにやばいやつははなからぶっ潰れますわ~。

 

この近日のホイールアップデートを見越すように一部のメーカーは130mmエンド幅のクロスバイクをしますね。代表格のGiant Escape R3が130mmです。これがネットのGIANTのカスタム記事の多さの要因ですね。

 

11速ホイールに8速スプロケットは付くか?

 

もうひとつの気がかりはフリーとカセットの互換性です。3万以上の現行モデルのロードホイールはほぼほぼ11速用ですね。ハブのHGフリーボディが11速用です。

 

で、5万のクロスバイクの変速は3×8や3×9です。この場合、リアホイールのハブのフリーは8,9,10速用ですね。

 

SRAM/シマノフリーボディ

SRAM/シマノフリーボディ

 

で、カセットは8速か9速用です。3×10や3×11速は特殊です。一部のMTBのオプションにしかありません。多分、3×11速はない。

 

HG用のスプロケットカセットの厚さは11速 > 8、9速 >10速の順で薄くなります。11速が最厚、10速が最薄ですね。ホイールのフリーはこれにならいます。

 

とくに10速専用のホイールは異端です。フリーの下位互換上位互換が皆無ですね。8速・9速カセット、11速カセットが付きません。小は大を兼ねず。PS3か。

 

11速のホイールは下位互換しますね。大は小を兼ねます。スペーサを挟めば、8・9速カセット、10速カセットをセットできます。

 

このせいか10速専用ホイールはほとんど出回りません。8、9、10速が多数派です。実質、これはもともと8、9速用ですね。10速以前の規格ですが、10速と互換しますから、10速専用よりメジャーです。

 

で、現行のロードの11速ホイールにはクロスバイクのバンドルの8、9速カセットがふつうに乗ります。1.85mmスペーサーがフリーボディの根元に入ります。

 

てなわけで、余分な出費をひかえて、ホイールだけをパワーアップできますね。カセットの変速数を変えてしまうと、リアメカからシフトレバーまで変えなきゃなりません。予算がオーバーしちゃいます。

 

5万以内のホイールの最軽量候補はALEXRIMS ALX473 ですね。先日、ALEXRIMSがA-Class名義のホイール部門を本体の”ALEXRIMS”名義に統一しまして、完組ホイールを積極的にアピールします。

 

で、この春先にノーマル版ALEXRIMS ALX473が話題を取りまして、はやEVO版にパワーアップします。

 

 

ハブのマイナーチェンジがメインですね。多勢は変わりません。5万以下、ワイドリム、チューブレス互換、クイックリリース、8、9、10速スペーサ付き、そして、驚異の1470g! です。

 

最近、こんなふうに台湾系メーカーの完組ホイールや海外ストアのPBホイールが黒船のように来襲します。高機能、高性能、高コスパ、シンプルビジュアルが共通しますね。

 

反対にカンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノの4大ホイールブランドの国内価格が高止まり・急上昇中です。ミドルグレードの製品の価値観が相対的に下がりました。軽さとコスパでは勝てん!

 

結果的に5万のクロスx5万のホイールは10万のロードに勝ちますね。足回りの軽さ、使い勝手、カスタムの自由度がぜんぜん上です。クロスバイクではある程度のイレギュラーさ、お行儀の悪さが許されます。

 

ロードは安価であっても、あくまでフォーマルです。着物のスーツ、料理のディナーですね。着くずしやがっつきはタブーですね。

 

紳士風の気取り、そこはかとないスノッブさ、詳しい人のいっちょかみ率の高さ、これらの醸し出す空気感はまるまるゴルフに通じます。やっぱし、ロードは紳士淑女のスポーツですね。

 

2万ルック車+8万パーツ

 

ルック車はスポーツバイク風の安い自転車の愛称ないし蔑称ですね。アカデミックなチャリダーの批判の矢面、チャリオタの嘲笑の受け皿、自転車業界のグレーな部分の象徴です。

 

価格はママチャリ以上、クロスバイク以下の2、3万円です。2万で買えるもののなかではベンリなアイテムですね、ははは。

 

全ジャンルの自転車のボトムのボトムはホームセンターの1万のママチャリです。チャリンコにスポーツ、ホビー、フィットネスのエッセンスを見出さず、実用性のみを求めるなら、この1万のママチャリでまんぞくできます。

 

実際、1万のママチャリは野ざらし、ノーメンテでよく長持ちします。5年はよゆうだ。『毎日乗る』て、実用車にとうぜんの行為がストレッチ代わりになりますから。

 

自転車界の下から2番目

 

で、この1万のママチャリの上に来るのが2、3万のルック車軍団ですね。自転車界のべべ2、ブービー賞です。同価格のママチャリや軽快車はこれより上になりますね。実用の趣旨がはっきりしますし。

 

ようはコスプレか否かですね。ルック車は本格バイクのコスプレです。

 

「1万のホームセンターのママチャリをどうにかこうにかスポーツバイクや折り畳みやミニベロに似せました」

 

てものです。身近な好例はドンキのハマーですね。

 

ドンキのハマー

ドンキのハマー

 

フォールディングバイク風の乗り物です。チャリ的クオリティはホームセンターの1万のママチャリとイーブンパーですね。値段の差はふんいきですね。

 

現実問題、このふんいきの差はカゴとキャリアの有無ですね。カゴとキャリアはママチャリのやぼったさの証です。

 

カゴなし、ドロヨケなし、カバーなし、キャリアなしのすっぴんなママチャリのフレームはそんなにやぼったくありません。

 

ママチャリフレーム素

ママチャリフレーム素

 

クランクとフォークで化けます。

 

ママチャリけ?

ママチャリけ?

 

ホイールと背景でさらにバケラッタします。

 

細いママチャリ

細いママチャリ

 

スポーツバイクを知らない人はカゴなし、キャリアなして単純明快な理由で「おっ!」てなります。ポップなカラーとキャッチーなロゴが加われば、鬼に金棒ですね。

 

カゴを外して外車のロゴを付けりゃOK

 

その点、海外自動車メーカーのロゴとネームバリューは絶大の効果を発揮します。これのライセンス権を持つのがGICて会社ですね。自転車代理店のメッカの大阪住之江の海外製品輸入販売の会社です

 

国内の身近なところのHUMMER、CHEVROLET、CORVETTE、RENAULT、Rover、Ferrariのチャリンコはだいたいここの商材ですね。

 

しかし、ライセンス品の一から十までがハマーみたいなFredじゃありません。超軽量の14インチのシングルスピード、ルノーウルトラライトやルノーマグネシウムは注目のモデルです。

 

販売元のGICは国内最大の展示会のサイクルモードにブースをします。ふつうの輸入屋さんですね。

 

また、関連企業のオオトモはカーノバー、レイチェル、グランディール、ネクスタイルてアマゾン・楽天のルック車オールスターズを手掛けつつも、OGKのチャイルドシートやグリップみたいな手堅い商材を扱いますね。

 

 

こんなふうなAmazon.co.jpの販売発送はオオトモの直送品ないし代送品でしょう。実店舗ではほぼ見かけません。写真と価格で売る通販用商材です。ネット時代の申し子的チャリですね。

 

そして、チャリ知識にまみれる以前のフラットな初心に立ちもどれば、健全なピーポーはこのネクスタイルのキャッチーなビジュアルに「お!」てトキメキましょう。

 

実際問題、そのへんのおばちゃん(最もニュートラルにどフラットな存在たる)に見せれば、「ださいな~」とはゆわれません。「かっこいい自転車やな~」てほめられます。

 

そして、世間一般的にはピナレロやスペシャライズドよりハマーやジープのがぜんぜん有名です。

 

ルック車の中身ですね。

 

  • 重さ=13-15kg
  • ブレーキ=キャリパー、Vブレーキ
  • フレーム=アルミ、スチール
  • フォーク=アルミ、スチール
  • パーツ=シマノ
  • 製造国=チャイナ

 

重さは13-15kgです。みごとにママチャリとクロスバイクのあいだの重量です。スチール製のフレームとフォークがずっしり効きますね。

 

上記のネクスタイルは12.8kgのアルミフレームです。ルック車の中では軽量なモデルですね。

 

でも、1万のママチャリからカゴ、キャリア、スタンド、ドロヨケを取っても、近い重さまで減らせましょう。パーツのグレードは五分五分ですから。ネックはライトのハブダイナモとバンドブレーキですね。

 

ママチャリエンド部

ママチャリエンド部

 

変速は3×7=21sですね。7速の外付けメカはすでにスポーツバイクの標準じゃありません。一般車用の変速数ですね。

 

そして、フロントトリプルは安バイクの代名詞ですね。製品の製造ボリュームの関係でトリプルのクランクが最も安上がりです。

 

変速数多い=性能すごい=値段高いの公式はぜんぜん当てはまりません。安いシングルのクランクはもれなくママチャリルックスになりますしね。

 

ママチャリ、おかんのふんいきを思い起こさせる要素の一切合切はルック車にはご法度です。

 

王道の5万のホイールが難題

 

ルック車のホイール交換はクロスバイクみたいに手軽じゃありません。げんみつには7速のホイールがロードの11速のコンパチから外れます。7速はボスフリータイプですね。

 

まあ、11速のホイールのフリーに適当なスペーサーを入れるとしましょう。よその情報では5mmちょいて記述があります。じゃあ、フリーの根元に5mmのクリアランスができますね。

 

11速ホイールに7速スプロケットのイメージ

11速ホイールに7速スプロケットのイメージ

 

うーん、イメージ画像からすでに危険な香りがぷんぷんしますね。ロー側の変速をアバウトに調整すると、一発でチェーン落ちを巻き起こしちゃいます。多分にハイリスク、ローリターンですね。

 

11速化は視野に入るが・・・

 

「じゃあ、一気に11速化だ!」

 

て鼻息を荒くしましょう。8万の資金があれば、11速化はぜんぜん可能ですね。シマノの中級グレードの11速コンポの105の一式が6万円強です。

 

 

これと10000円の11速ホイールを買って、残金を専用工具に当てます。

 

 

手間はかくじつに増えますね。そして、変速機のグレードアップはホイールの交換みたいに単純明快な手ごたえをくれません。

 

てか、そもそも2万の完成車に8万のパーツて内訳が負けですわ。バランスが悪すぎ! 早晩、ベースの粗悪さが足手まといになります。ホイールとコンポを総とっかえするなら、2万のフレームベースでバラ完しましょう。

 

このCONSの一切を度外視して、2万のルック車に8万のパーツをかけて、きっちり調整すれば、『ロードバイク風のなんか速いチャリ』て未知のキワモノが誕生します。

 

ドロップハンドルで一応の前傾はOK、変速は2×11=22sで競技用、ロードホイールで足回りはばっちりです。準ロードバイク級の性能のドロハン安鉄バイクですね。でも、ロードじゃない。本革じゃない。合皮は合皮だ。

 

率直に性能〇、耐久△、ステータス×です。フレームはホームセンターのママチャリクラスです。サビながら、くたびれながらも、クロコ型押しの安い合皮の長財布のようにしぶとく長持ちしましょう。

 

ハイエンドのスポーツバイクは高級品ですが、実用品でなく、競技用機材です。高価=高耐久=安全安心て公式は当てはまりませんね。

 

軽量ヒルクラムカーボンフレーム、ちょっとやそっとでバキッと割れます。しかも、修理がたいへんです。圧倒的にきゃしゃだ。

 

一方の鉄チャリはラフでタフですね。じゃあ、結果的にステータスゼロ、プレミアム感ゼロの中性能バイクにながなが乗ることになります、ははは。

 

 

また、ルック車のハイパフォーマンスカスタムはママチャリのむちゃんこ改造みたいなネタにもなり切れません。歯がゆいチャリンコですわ。

 

予算10万の最高バイクは?

 

5万のクロス+5万のホイール > 10万のロード完成車 > 2万のルック車+8万のパーツです。ルック車のいじり甲斐のなさはざんねんなところです。クロスバイクみたいな伸び代がありません。

 

かりにぼくがルック車をいじるなら、サドルやグリップ、アクセサリに金をかけますね。ギリギリがんばって、タイヤを高級品に買える。車体2万、小物1万、タイヤ1万ですね。グッドバランス!

 

5万のクロスバイク越えには至らずも、同価格のママチャリや一般車、ブリジストンアルベルトなんかと肩を並べられます。

 

ルック車の7速ボスフリーは盲点だったな~。一速ちがいで天と地の差が出ます、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share